Home / iBeacon news / あなたのビジネスのためにIBeacon

あなたのビジネスのためにIBeacon

あなたのビジネスを改善するための技術を使用する場合は、iBeaconは、使用可能な最初のツールの一つです。これは、あなたの顧客に右のメッセージを送ることができ、小さなデバイスであり、それはまた、彼らにあなたの場所への道が表示されます。それはあなたがビジネスを促進するために使用できる最新のオプションのいずれかですが、それはすぐにあなたが思うよりも一般的になってます。

あなたが考えていた結果を提供するためにiBeaconをプログラムすることができますどのようにあなたが意識する必要はありことの一つです。まず第一に、あなたはそれが送信とどのようにあなたが後にある結果を得ることができるので、あなたがそれを設定する必要がありますに使用する周波数について考える必要があります。ここでは最初から正しい方向にあなたを指すようになり、いくつかの詳細です。
iBeaconあなたが望むすべてのものをユーザーに通知し、それをコンフィギュレーションに来るときすべてのデバイスは、独自の特定のメソッドを持つことになりますデバイスです。他のユーザーのための単純なニーズを満たすためのものであり、それらのそれぞれが正しい方法を設定する努力の一定量を必要としようとしている一方、いくつかは、より強力であり得る。

各デバイスは、バッテリまたはバッテリで動作するソースによって供給されています。 iBeaconアップルの送信電力料金は、それが消費するどのくらいの電力に影響しますと、その目的を果たすし、これは、あなたがそれを設定する際に考慮しなければならない側面の1つです。それは、電池がなくなった場合、あなたはもはや、その特典の恩恵はありません。

これらはiBeaconアップルで設定することができることであるが、それらはだけではありません。メジャーおよびマイナー値もあなたも一緒に接続したいときに設定できます設定です。あなたが1店で複数のデバイスを使用する場合は、それぞれの送信機を識別するために、それらのすべてと異なるマイナー値に同じメジャー値を使用できます。
そこにはあなたがiBeaconアップルを購入したいときに回すことができる多くの異なるベンダーがあり、それらのそれぞれは、あなたが回すことができるモデルの特定の範囲を持つことになります。あなたがそれらのそれぞれに対して支払わなければならない価格も異なっており、それが数ドル限り少ないからなり、いくつかのモデルはできるが、もっとして30$です。あなたが欲しいものを選ぶことができます。

あなたが数iBeaconsを借りたい、あなたがあなたのビジネスを促進することができるように、それらをプログラムしたい場合は、あなたが訪問しなければならない最初のサイトはgetbeeem.comの一つです。これは、あなたがの一部になることができますし、また、あなたがそれを提供しているものを最大限に活用するためには何をすべきかを知るでしょう最初iBeaconネットワークの詳細については、する場所です。

About Avianto

tech update for news and application of ibeacon device and public relation for Cubeacon.com is one's of SDK and BackEnd as a Service for iBeacon solutions. Cubeacon create ibeacon special device include of software.

Check Also

cubeacon-reader

Succeed During Review , Cubeacon Reader AR25 is Officially Released on Public

More than 15,000 devices has been produced and shipped. More than 500 devices sold during ...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>